物損事故 | 池田 ・豊中・箕面・川西 骨格ちょうせいLABO MENU TEL

物損事故

物損事故によるケガの治療は池田・豊中・箕面・川西の治療院 骨格ちょうせいLABOへお越しください

物損事故はガードレールや電柱、壁など物にぶつかってしまう交通事故になります。スピードが出ていた場合、乗車していた自動車やバイクなどが大破するほどの衝撃を受けることもあり、物損事故でもケガをする患者様は多いです。

池田・豊中・箕面・川西の治療院 骨格ちょうせいLABOでは物損事故など交通事故全般のケガの治療を専門に行っております。毎日新聞などメディアに取り上げられた実績もあり、数多くの患者様を診察してきました。
池田・豊中・箕面・川西の治療院 骨格ちょうせいLABOは最先端の医療機器を用いて、体の歪みを測定し、歪みのある部位をピンポイントで治療していきます。

そのため根本治療が可能であり、1回の施術でも十分に体の違いを実感できるようになるのです。物損事故で多いケガの1つにむちうち症状があります。むちうち症状は治るまでに長期間かかるので通院もその分長引いてしまいます。池田・豊中・箕面・川西の治療院 骨格ちょうせいLABOでは池田駅から徒歩1分という好立地でバス停からも歩いてすぐなので交通の便に優れています。長期通院でも通院がしやすいので通いやすい治療院と言えます。

ビフォーアフター

施術の流れ

ゆがみの専門施術例

P1050538P1050574P1050575

施術に入る前の検査・インフォームドコンセントについて


※身体のゆがみの左右差を確認するための日本に約20台しかない検査器具です。

※上記の検査器具を用いた結果が以下のイメージ図となります。
赤色で記された箇所が大きくゆがみを生じております。
最新のコンピューターシステムでしか細かいゆがみを確認できないのです。

※続いて身体の柱となる背骨に微細な振動を与えることで
関節の柔らかさを確認する検査を行います。
美味しいスイカの見分け方はスイカを叩いて音を確認します。
同様に振動を与えることで身体の状態を正確に確認できるのです。

※上記の検査器具を用いた結果が以下のイメージ図となります。
緑の縦に伸びた線よりはみ出している部分がゆがみが生じている部位です。

※左側の写真が施術前。右側の写真が施術後になります。
はみ出したゆがみを整えることで最短で症状改善を実現します。

当院へのアクセス情報

所在地〒563-0048 大阪府池田市呉服町1-1-135 サンシティ池田1F
駐車場近隣のコインパーキングをご利用下さい
¥300 / 1h
電話番号072-753-5221
休診日水曜・土曜の午後
日曜・祭日