ぎっくり腰 | 池田 ・豊中・箕面・川西 骨格ちょうせいLABO MENU TEL

ぎっくり腰

ぎっくり腰は池田・豊中・箕面・川西の治療院 骨格ちょうせいLABOで正しい治療を

ぎっくり腰は、重いものを持ち上げようとしたときや、スポーツなどで思い切りひねってしまったとき、不安定な姿勢をとってしまったというときに突然起こるものです。長年の悪い姿勢が筋肉を硬くし、その硬くなった筋肉が少しの動作で引き伸ばされて傷が出来てしまいます。特に膝を伸ばしたまま下にある荷物を取った時などは腰にかなりの負担が掛かり、ぎっくり腰になりやすいのです。突然のぎっくり腰は強烈な痛みが出てきますので、身動きが取れなくなってしまうこともあるでしょう。ぎっくり腰になった場合、決して無理に動いたりせずにまずは安静にし、少い症状が落ち着いたらお早めに池田・豊中・箕面・川西の治療院 骨格ちょうせいLABOへぎっくり腰の治療にお越しください。

慢性腰痛を抱えている方は要注意

日頃から慢性的に腰痛を抱えているという方には、骨盤や背骨などにゆがみが生じていることが多く、これがぎっくり腰を引き起こしやすくする要因となってしまいます。そのため、ぎっくり腰を予防するという意味もこめて池田・豊中・箕面・川西の治療院 骨格ちょうせいLABOにて早めの腰痛治療を心がけるようにしてください。

安静にしているだけよりもきちんと治療を

ぎっくり腰の痛みは数日安静にしていれば少しずつ落ち着いてくるものです。しかし、きちんと身体を動かせるようになるには時間がかかってしまいますし、クセになってしまうことも御座います。池田・豊中・箕面・川西の治療院 骨格ちょうせいLABOにてきちんとぎっくり腰の治療しておきますと、再びぎっくり腰によるつらい痛みを起こす心配もなくなります。

無理のないストレッチを日常的に行う、湯船につかって身体を温めて血流を良くする、床に置いてあるものを取る時はしっかりと膝を曲げて取るなどが、池田・豊中・箕面・川西の治療院 骨格ちょうせいLABOからのぎっくり腰の効果的な予防のご提案になります。

施術の流れ

施術に入る前の検査・インフォームドコンセントについて

※身体のゆがみの左右差を確認するための日本に約20台しかない検査器具です。

※上記の検査器具を用いた結果が以下のイメージ図となります。
赤色で記された箇所が大きくゆがみを生じております。
最新のコンピューターシステムでしか細かいゆがみを確認できないのです。

※続いて身体の柱となる背骨に微細な振動を与えることで
関節の柔らかさを確認する検査を行います。
美味しいスイカの見分け方はスイカを叩いて音を確認します。
同様に振動を与えることで身体の状態を正確に確認できるのです。

※上記の検査器具を用いた結果が以下のイメージ図となります。
緑の縦に伸びた線よりはみ出している部分がゆがみが生じている部位です。

※左側の写真が施術前。右側の写真が施術後になります。
はみ出したゆがみを整えることで最短で症状改善を実現します。

当院へのアクセス情報

所在地〒563-0048 大阪府池田市呉服町1-1-135 サンシティ池田1F
駐車場近隣のコインパーキングをご利用下さい
¥300 / 1h
電話番号072-753-5221
休診日水曜・土曜の午後
日曜・祭日