院長ストーリー | 池田 ・豊中・箕面・川西 骨格ちょうせいLABO MENU TEL

院長ストーリー

はじめまして。院長の稲次和哉です。施術への僕の想いを聞いてください!

自分にとっての生涯スポーツと決め、長年続けてきた柔道ですが、その古傷の痛みには悩まされ、どこの治療を受けても治らず、つらい日々を送っていました。
そんな時、柔道の先輩の治療院をおとずれ、当時、日本では2、3人の治療家しか扱っていなかった

アメリカ発!最新コンピューターシステム・パルスターG3の治療を初めて受けたところ、僕自身のカラダが驚くほど劇的に変化したのです!

「これだ!」と思いました。今までどこに行っても経験することのなかった科学的見地に基づいた

アメリカ発!最新コンピューターシステム・パルスターG3

とのこの出会いが、僕が施術家を目指す事を心に決めた瞬間です。

そして僕は、日本での施術家として必要な国家資格を取得する為、学校に入学すると同時に当時はアメリカでしか学ぶ事が出来なかったパルスターG3の施術を学ぶ為に迷わず何度も渡米しました。

この時、アメリカのドクター達との研修で得た本物のスキルのおかげで僕は施術家としてぶれる事なく自信を持って、いつまでもどこまでも進んで行けるのだと思います。

渡米中の2000年にアメリカ政府公認ドクターのダニエル・コリンズ氏より、日本人初のパルスターG3の資格認定を受けました。

パルスターG3と出会った時、施術家を目指す事を決めた時、渡米や学校で学んでいた時も、僕は家業である花屋で昼間は働きながら開業資金を貯め、家庭も守っていました。

僕の向学心は更に貪欲で、カイロプラクティックなど施術に関する様々セミナーにも精力的に出席し、あらゆる事を精一杯、学んできたと自負しています。

2005年に念願かなって整骨院として開業してからは、年数を重ねるごとに地元だけではなく遠方からも通ってくださるお客様が増えてきて そんな方々が良くなっていかれる姿を見るのが、僕の喜びや生きがいでもありました。

しかし、長年の痛みや何処に行ってもよくならないとあきらめられているお客様のご来院数が増えれば増えるほど、僕は、現在の日本の医療制度の中での保険による施術に限界を感じずにはいられませんでした。

保険に頼った施術では本当に困っている人を治せない!

これが正直な僕の結論です。

当院を信頼してご来院くださるお客様に100%以上満足していただけるように、2011年からは思い切って実費の治療院「骨格ちょうせいLABO」としてスタートをきりました。

現在、当院ではアメリカ発!最新コンピューターシステムのパルスターG3とC-3000サーモグラフィーを組み合わせた日本初のオリジナルの治療システムで多くのお客様のケアにあたっています。

また、このシステムを導入したいというプロの施術家の皆さんや、将来施術家を目指している学生さん対象の日本でのセミナー開催や講師も任せられる立場となり、大変多忙ではありますが、初めて施術家を目指したあの瞬間の気持ちを忘れずお客様のために日々進化し続けたいと思います。

当院へのアクセス情報

所在地〒563-0048 大阪府池田市呉服町1-1-135 サンシティ池田1F
駐車場近隣のコインパーキングをご利用下さい
¥300 / 1h
電話番号072-753-5221
休診日水曜・土曜の午後
日曜・祭日