手のしびれ | 池田 ・豊中・箕面・川西 骨格ちょうせいLABO MENU TEL

手のしびれ

このような方はぜひ当院へ!

手のしびれを感じたら早めに池田・豊中・箕面・川西の治療院 骨格ちょうせいLABOで治療を

  • 長時間同じ姿勢でいるとしびれてくる
  • 猫背が直らない、骨盤が歪んでいる気がする
  • 左右の肩の高さが違う
  • 手の感覚が何かおかしい
  • しびれ以外にも痛みやつっぱり感がある
  • 過去にヘルニアやむちうち症などの疾患を発症したことがある
  • 肩が凝る、頭痛がする、とにかく辛くてだるい

手のしびれの患者様の声

腕から手、指先に突然しびれが起こってしまうと、とても不安になることでしょう。脳梗塞など大きな病気が原因で手のしびれがあらわれることも御座いますので、まずは病院で検査を受けるということも大切です。ただ、手のしびれが起こる原因にはいろいろなものが御座いますので、池田・豊中・箕面・川西の治療院 骨格ちょうせいLABOでの治療でしっかりと改善出来るケースも多いのです。

疾患が原因ではない場合のしびれ

病院で検査をしたけれども、特に異常が無いと言われた場合には、池田・豊中・箕面・川西の治療院 骨格ちょうせいLABOにご相談ください。手のしびれというのは、頚椎(首)部分のゆがみやズレによって神経が圧迫されてしまっていることによって起こることも御座います。池田・豊中・箕面・川西の治療院 骨格ちょうせいLABOでは、こうした骨格のゆがみを調整していくことで手のしびれ等のつらい症状を根本から改善させていくことが出来るのです。

集中して治療を受けることが大切です

手のしびれがあっても、我慢できるから特に治療を受ける必要も無いだろうと考える方もいらっしゃるかも知れません。しかし、放っておくことで手のしびれから麻痺に変わってしまうことも御座いますので、そうなる前に出来るだけ早めに改善させておくことが大切です。

手のしびれは頚椎(首)のゆがみが原因の場合が多いのです。池田・豊中・箕面・川西の治療院 骨格ちょうせいLABOで首のゆがみを調整して手のしびれの回復を図って下さい。

 

ビフォーアフター

施術の流れ

手のしびれの専門施術例

P1050540P1050554P1050556P1050568P1050571

施術に入る前の検査・インフォームドコンセントについて


※身体のゆがみの左右差を確認するための日本に約20台しかない検査器具です。

※上記の検査器具を用いた結果が以下のイメージ図となります。
赤色で記された箇所が大きくゆがみを生じております。
最新のコンピューターシステムでしか細かいゆがみを確認できないのです。

※続いて身体の柱となる背骨に微細な振動を与えることで
関節の柔らかさを確認する検査を行います。
美味しいスイカの見分け方はスイカを叩いて音を確認します。
同様に振動を与えることで身体の状態を正確に確認できるのです。

※上記の検査器具を用いた結果が以下のイメージ図となります。
緑の縦に伸びた線よりはみ出している部分がゆがみが生じている部位です。

※左側の写真が施術前。右側の写真が施術後になります。
はみ出したゆがみを整えることで最短で症状改善を実現します。

当院へのアクセス情報

所在地〒563-0048 大阪府池田市呉服町1-1-135 サンシティ池田1F
駐車場近隣のコインパーキングをご利用下さい
¥300 / 1h
電話番号072-753-5221
休診日水曜・土曜の午後
日曜・祭日