坐骨神経痛 | 池田 ・豊中・箕面・川西 骨格ちょうせいLABO MENU TEL

坐骨神経痛

坐骨神経痛に対しての池田・豊中・箕面・川西の治療院 骨格ちょうせいLABOのアプローチ

坐骨神経痛というのは、腰からお尻、脚にかけての痛みや痺れの症状があらわれます。何が原因で起こってしまうかは人によって異なりますが、特に腰痛を抱えているという方は気を付けていく必要が御座います。腰や骨盤からは神経が出ています。その神経が脚の動きや感覚をコントロールしています。坐骨神経痛の主な原因といたしましては、慢性的な腰や骨盤のゆがみによって椎間板がねじれてしまい神経が圧迫されてしまう事です。そうなるとお尻や太ももの辺りにつらい痛みやしびれを感じます。これが坐骨神経痛です。慢性腰痛にお悩みの方は池田・豊中・箕面・川西の治療院 骨格ちょうせいLABOで早めに治療を受けていただくことで、坐骨神経痛の予防にもつながるのです。

腰痛の悪化によって起こりやすい症状

慢性腰痛が悪化してしまうと、椎間板ヘルニアや分離症、すべり症、脊柱管狭窄症など重度の症状になってしまうことも多く、そこから坐骨神経痛へとつながっていきやすくなるのです。痛みだけではなく、痺れも気になるという場合には、麻痺を起こしてしまう前に池田・豊中・箕面・川西の治療院 骨格ちょうせいLABOへ坐骨神経痛の治療にお越しください。

素早くつらい症状を取り除いていきます

池田・豊中・箕面・川西の治療院 骨格ちょうせいLABOでは、つらい症状を素早く取り除くために、硬く緊張している筋肉をほぐしていき、ゆがんだ骨格を調整いたします。坐骨神経痛に効果的な運動療法やストレッチにつきましてもご指導させていただきます。いろいろな角度から素早く坐骨神経痛を解消するためにアプローチいたします。

施術の流れ

坐骨神経痛の専門施術例

P1050474P1050509P1050512

施術に入る前の検査・インフォームドコンセントについて


※身体のゆがみの左右差を確認するための日本に約20台しかない検査器具です。

※上記の検査器具を用いた結果が以下のイメージ図となります。
赤色で記された箇所が大きくゆがみを生じております。
最新のコンピューターシステムでしか細かいゆがみを確認できないのです。

※続いて身体の柱となる背骨に微細な振動を与えることで
関節の柔らかさを確認する検査を行います。
美味しいスイカの見分け方はスイカを叩いて音を確認します。
同様に振動を与えることで身体の状態を正確に確認できるのです。

※上記の検査器具を用いた結果が以下のイメージ図となります。
緑の縦に伸びた線よりはみ出している部分がゆがみが生じている部位です。

※左側の写真が施術前。右側の写真が施術後になります。
はみ出したゆがみを整えることで最短で症状改善を実現します。

当院へのアクセス情報

所在地〒563-0048 大阪府池田市呉服町1-1-135 サンシティ池田1F
駐車場近隣のコインパーキングをご利用下さい
¥300 / 1h
電話番号072-753-5221
休診日水曜・土曜の午後
日曜・祭日