TEL

ヘルニア | 池田 ・豊中・箕面・川西 骨格ちょうせいLABO

お問い合わせはこちら

ヘルニア






ヘルニア手術を検討されている方は池田・豊中・箕面・川西の施術院 骨格ちょうせいLABOへ

ヘルニアという診断をされると、もう一生治ることは無いのだろう…と思われる方も多いかと思います。だからといって手術が必要になるまでそのままにしておくのは意味がありません。池田・豊中・箕面・川西の施術院 骨格ちょうせいLABOにてヘルニアの施術を受けていただくことで、つらいヘルニアもしっかりと改善させていくことが出来ます。

年齢や性別を問わず起こる症状

ヘルニアは、年齢や性別を問わずに起こります。若い世代の方にもとても多い症状なのです。腰の痛みや痺れがあっても、たいしたことは無いだろうとそのままにしてしまうことで、ヘルニアを起こしてしまうことも御座いますので、軽い腰痛であっても見過ごさずにその時点で池田・豊中・箕面・川西の施術院 骨格ちょうせいLABOにてヘルニアの施術を開始するということも大切なことです。

手術を検討されているという方へ

すでにかなり症状が進行しているという場合には、すぐにでもヘルニアの手術が必要になることも御座いますが、そうではない場合には池田・豊中・箕面・川西の施術院 骨格ちょうせいLABOのヘルニア施術で改善できるケースも御座います。ヘルニアの手術を勧められたけれども、どうしようか迷っているという方も是非 池田・豊中・箕面・川西の施術院 骨格ちょうせいLABOまでお気軽にご相談ください。

ビフォーアフター

施術の流れ

施術に入る前の検査・インフォームドコンセントについて

※身体のゆがみの左右差を確認するための日本に約20台しかない検査器具です。

※上記の検査器具を用いた結果が以下のイメージ図となります。
赤色で記された箇所が大きくゆがみを生じております。
最新のコンピューターシステムでしか細かいゆがみを確認できないのです。

※続いて身体の柱となる背骨に微細な振動を与えることで
関節の柔らかさを確認する検査を行います。
美味しいスイカの見分け方はスイカを叩いて音を確認します。
同様に振動を与えることで身体の状態を正確に確認できるのです。

※上記の検査器具を用いた結果が以下のイメージ図となります。
緑の縦に伸びた線よりはみ出している部分がゆがみが生じている部位です。

※左側の写真が施術前。右側の写真が施術後になります。
はみ出したゆがみを整えることで最短で症状改善を実現します。