TEL

腰ヘルニア | 池田 ・豊中・箕面・川西 骨格ちょうせいLABO

お問い合わせはこちら

腰ヘルニア






腰ヘルニアは早めに池田・豊中・箕面・川西の施術院 骨格ちょうせいLABOで改善を

腰椎にある椎間板に強い圧力が加わることで髄核がずれてしまったり、椎間板自体が外に飛び出した状態が、腰ヘルニアの状態です。神経が圧迫されてしまうために、強い痛みや痺れが起こり、スポーツなど激しく身体を動かすことも、長時間歩くことも出来なくなってしまうことも御座います。腰ヘルニアが悪化すると病院で手術が必要になるケースも御座いますが、腰ヘルニアでお悩みでしたら、池田・豊中・箕面・川西の施術院 骨格ちょうせいLABOの施術で腰ヘルニアを改善出来ることも多いので、まずはお気軽にご相談ください。

痛みや痺れが出ている方へ

腰ヘルニアの痛みや痺れは、長時間の歩行で強くなり、ゆっくりと休んで安静にしていると緩和されるという特徴もあるので、ついつい「まだ大丈夫だろう…」と施術を後回しにしてしまいがちです。しかし腰ヘルニアは、出来るだけ早い段階で池田・豊中・箕面の施術院 骨格ちょうせいLABOにて腰ヘルニアの施術を始めていただくことが大切だということを頭に入れておいてください。腰ヘルニアは放っておくと、安静にしていてもつらい症状に悩まされるようになってしまうこともあるのです。まずは池田・豊中・箕面・川西の施術院 骨格ちょうせいLABOでご相談いただくことが大切です。

身体の状態を安定させて再発防止

腰ヘルニアは骨格や筋肉のバランスを整えてあげることで徐々に痛みや痺れも無くなっていきます。だからといって自己判断で腰ヘルニアの施術を中断しないようにしてください。腰ヘルニアの再発防止のためには定期的に身体のバランスを安定させてあげることも大切なのです。池田・豊中・箕面・川西の施術院 骨格ちょうせいLABOで早めの腰ヘルニアの施術をお受けになることもお考えください。

ビフォーアフター

施術の流れ

腰ヘルニアの専門施術例

 

P1050475P1050510P1050514P1050501

施術に入る前の検査・インフォームドコンセントについて


※身体のゆがみの左右差を確認するための日本に約20台しかない検査器具です。

※上記の検査器具を用いた結果が以下のイメージ図となります。
赤色で記された箇所が大きくゆがみを生じております。
最新のコンピューターシステムでしか細かいゆがみを確認できないのです。

※続いて身体の柱となる背骨に微細な振動を与えることで
関節の柔らかさを確認する検査を行います。
美味しいスイカの見分け方はスイカを叩いて音を確認します。
同様に振動を与えることで身体の状態を正確に確認できるのです。

※上記の検査器具を用いた結果が以下のイメージ図となります。
緑の縦に伸びた線よりはみ出している部分がゆがみが生じている部位です。

※左側の写真が施術前。右側の写真が施術後になります。
はみ出したゆがみを整えることで最短で症状改善を実現します。